初心者必見!注意は1点!WordPressのテーマSimplicityを「Mac」でアップデートする時

タイトル

WordPressの初心者である私が、Simplicityの親テーマのアップデートを失敗してしまいました。Macで無料のWordPressのテーマをアップデートをする時は以下の点に注意して下さい。

Windowsの場合は、zipファイルをダウンロードすると圧縮された一つのファイル(.zip)のままです。もし同じ名前の物があれば、上書きするか名前を変更するかです。

Macの場合は、圧縮されているzipファイルをダウンロードすると自動的に展開されてしまいます。ダウンロードファイル名が同じ場合、自動で名前の後ろに数字が付いたフォルダが自動的に作成されてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

では実際に

以前の記事

サーバーも準備してWordPressも準備して、さてどうしようかと思ったときの話です。 私は、ゴチャゴチャカスタマイズするのが...

で、親テーマ、子テーマの意味を理解していました。

つまり、

親テーマ −> 子テーマ −> ネットでの表示

と親テーマの機能に、子テーマの機能を付加してネット画面に表示させるというのが、流れです。子テーマに付加機能を付けること(カスタマイズ)する事で、子テーマでの設定が優先されます。

ただ、親テーマはちょくちょくバージョンアップします。

このバージョンアップでは、全ての設定が初期化されてしまうのです。

それまで、折角苦労してカスタマイズした内容が全て消えてしまうことになります。

ですが、

親テーマ −> 子テーマ −> ネットでの表示

となっていれば、機能変更(カスタマイズ)したのは子テーマですので、いくら親テーマがバージョンアップしようが、子テーマを介在することで、その機能は保全されるのです。

ただし、ここで問題なのが、ちゃんと親テーマと子テーマが繋がっているというのが大前提になります。

内部の事は現時点であまり良くは分かってないので、少々省略します。

テーマの導入

みなさん、最初わらいひ氏のSimplicity2のホームページから何事も無く zip ファイルをダウンロードしてきますね。

ここで、冒頭説明したMacとWindowsの違いが現れます。

これ以降は、Macについて言及します。

  1. ダウンロードしたファイルは通常Downloadフォルダに入ります。最初のインストールはそのままのファイル名がフォルダ名になります。この場合simplicity2というフォルダ名が作成されます。
  2. ですので、そのフォルダを圧縮します。
  3. フォルダを右クリックすれば、圧縮というメニューが表示されるので、簡単です。
  4. すると、フォルダ名と同じ simplicity2.zip というのが作成されているのが分かります。
  5. 次に、子テーマであるファイルをダウンロードします。
  6. すると、フォルダ名はsimplicity2-childというフォルダ名が作成されます。
  7. 親テーマと同様に右クリックで圧縮を選択すると、simplicity2-child.zipが作成されます。
  8. それぞれを、アップロードします。

テーマのアップロード

外観 −> テーマで上記の画面が表示され、「新規追加」ボタンをクリックします。

上記画像は、既に「Simplicity2」の親テーマも子テーマもインストールされた画面です。本来はありませんので無視して下さい。

テーマのアップロード

すると画面が変わって、「テーマのアップロード」が表示されます。それをクリックします。

ファイル選択

そして、ファイル選択で、先ほどDownloadフォルダに作成したファイルをアップロードします。

  1. 親テーマ
  2. 子テーマ

の順です。

これで自動的に、親子の関係が組み上がります。

スポンサーリンク

親テーマのバージョンアップ

さて、ここから親テーマがバージョンアップした時の話です。

バージョンアップ版をわらいひ氏のSimplicity2からDownloadしてきますよね。

すると、

simplicity2-2

なんと「simplicity2」が存在していたので、自動的に「simplicity2-2」が作成されました。

もし、これを圧縮しても、

simplicity2-2.zip

になります。

これをアップロードしても、

simplicity2が2つ

となってしまって、同じ物が2つ???です。

フォルダがちがうので、別物と解釈されたのです。

実際、それぞれ、新旧のバージョンの親テーマでした。

「simplicity2-2.zip」でアップロードしたテーマは削除して、

ならば、「simplicity2-2.zip」を「simplicity2.zip」へファイル名を置き換えます。

再度のアップロード

そして同様のアップロードをすると今度は、

「Simplicity2 child 親テーマが見つかりません。”simplicity2″ の親テーマをインストールしてください。と表示されたのです。

完全に失敗しました。

で、いろいろと試行錯誤した結果を書きます。(あくまでもMacの場合です)

これはダメ。

なんども説明したように、Downloadフォルダに以前のSimplicity2のフォルダがあると、後からダウンロードしたフォルダの後ろには自動的に番号が付加されます。

なのでそれを直接圧縮はしないで下さい。

最初のフォルダを削除

旧バージョンのダウンロードした古いSimplicity2のフォルダを削除します。

2−2を2に変える

「simplicity2-2」を「simplicity2」に名前変更し、上図のように圧縮します。

もちろん、もう一度削除後にSimplicity2をダウンロードしてもOKです。

結論!Macの場合の正式な流れ

Macの場合のバージョンアップの確実な流れを書きます。

  1. ダウンロードフォルダーから古いバージョンのSimplicityのフォルダーを削除する。
    (削除しておいた方が、名前変更など余分な手間がいらない)
  2. simplicity2のフォルダーを圧縮する。
  3. WordPressのテーマに戻って、現在のSimplicity2の子テーマを別のテーマに変更する。(これはどのテーマでもOK)
  4. 3.が完了すると、Simplicity2の親テーマの「テーマの詳細」をクリックすると右下に削除ボタンが表示されます。
  5. 削除を押して、親テーマを削除します。
  6. 新規追加 -> テーマのアップロード-> ファイル選択 で、simplicity2.zip を選択。
  7. 今すぐインストールをクリックしインストールを完了

すると、子テーマがちゃんと親テーマを認識してくれます。

くれぐれも、パニックになり子テーマまでも削除されないように気を付けて下さい。

私の場合、サイドバーが消えたりするなど、復旧にえらく時間を取られてしまいました。