我が家の通信費事情!Auから楽天モバイル、ドコモからUQモバイル

携帯とクレジットカード

2017年初頭にスマホを機種変更した時の話です。

2017年1月の時点で2台スマホを契約していました。

  • ドコモ iPhone6
  • Au    Xperia Z Ultra

2年に1度、MNPで移動してたんで少しは安くなってたんですけど、それが2年を過ぎると割引が無くなってしまうんですよね。

ただ、近年の総務省のご指示でMNPしたところで機種代金が重くのしかかってきます。
しかも、通話料やデータ通信料、さらに保険も入れると優に8千円を超えてしまうんですね。

これは困った。

というわけで、今流行の格安SIMへ乗り換えを行ってみました。
その顛末記を書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

思い立ったが吉日

とはなりませんでした。
ギリギリはやっぱり何にしても良くないですね。

思いっきり失敗しました。

予定では29日に申し込みをし、30日には本体とSIMを発送してもらって、31日には受け取り、そしてMNPで月末に合わせて乗り換えという算段でした。

そうすると、ドコモもAuも1月31日付けで解約という事になります。
もしこれが2月1日解約となれば、なんと!たった1日であっても、1ヶ月分丸々の料金が掛かってくるんですね。

しかもですよ、2年を超える事になるので料金も増額されるという・・・魔の料金が待っている事になるんです。
これ日割りされないんですよ。

というわけで早速・・・というよりも慌ててかな、申し込みしました。

1月29日 20時頃に楽天モバイルとUQモバイルにそれぞれMNPで申し込みを行いました。

Auを楽天モバイルに、ドコモをUQモバイルへと転出させようと思ったんです。

楽天モバイルは、単純に楽天カードを持っているから。
UQモバイルはZenPhone3 Ultraが欲しかったのと、Auからの転入はドコモやソフトバンクから比べて1000円も高かったからです。

どちらもWeb上から申し込みを行いました。

すると、なんと!身分証明書の添付(画像データ送付でOK)が必須・・・これはどこにしたって当たり前ですけど、ここで思わぬ落とし穴が!

1月30日 2時頃に・・・住所不一致で再提出。

えっ!?

身分証明書は運転免許証でOKだったのですが、なんと住所の表記が異なってたんですね。

免許証に部屋番号載せてなかったんですよ。

「ご提出いただいた本人確認書類とお申込み時の住所につきまして、部屋番号が一致しませんでした。 お手数ですがご住所を確認の上、お客様情報入力ページの部屋番号の修正または本人確認書類のご提出をお願い申し上げます。」

と仰せつかりました。
ほんと、深夜にもかかわらず、確認ありがとうございました。

これ後で知ったんですけど、住民票の表記と免許証の住所の表記って異なる場合があるんですね。マンション名とか表記が長くなると、警察の方で短縮されて表記されてるんですね。
で、結局朝に再提出。

1月30日 11時頃に「ご契約者 本人確認書類お手続き完了のご連絡」がきました。

ちなみにUQモバイルも同じ運命です。

発送は31日へ

両社とも発送の通知は31日でした。

がーん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!( ̄0 ̄)

後はご想像の通り、到着は2月1日。

ドコモもAuもきっちり、1ヶ月分の請求が来ました。

しかも転出料が上乗せになってますから・・・。