初回限定版の価値!桑田佳祐ミュージックビデオ集MVPにKUWATA BAND追加

来年1月3日(12月13日より順延)桑田佳祐さんが発売するソロ30周年を記念したベスト・ミュージックビデオ集の初回限定版に幻の映像が収録されることになりました。

タイトルになぞらえて『「Mもっと Vボリューム Pパワーアップ」しちゃいます!(燃)』という事で、貴重映像が追加で発売日が3週間ほど延期になります。

1986年に1年間限定で活動した桑田さん率いるKUWATA BANDの名曲「BAN BAN BAN」「スキップ/ビート(SKIPPED BEAT)」「MERRY X’MAS IN SUMMER」の三曲です。

ちなみにKUWATA BANDの解説

1986年にサザンのキーボーディストで桑田佳祐の妻である原由子が出産のためサザンを一時休止した際に桑田佳祐とサザンのドラマー松田弘に加え腕利きのセッションミュージシャンとともに結成した1年限定のBAND。

その実、桑田佳祐初のソロプロジェクトとしての側面が大きかったのが実際のところといわれている。

このバンドは2面性を持っていて、シングル盤では日本語でサザンからの流れをうけたヒット狙いのものと、アルバムではでいわゆるロックサウンドを前面押し出し、しかも全曲英語にそのとき桑田佳祐がやりたかった音楽をやった(とされる)一面。

シングルは狙い通り、桑田佳祐らしいキャッチーでわかりやすい歌謡ロックに仕上がっていて出す曲みなヒットし、曲的にも初期の桑田佳祐を語る上でも欠くことのできない作品といえる。

もう一面のアルバムは”スタイルとしてのロックミュージック”にこだわり過ぎたと感があり、もうひとつ気持ちが上滑りしてしまったような作品になってしまったと思われ、今となっては残念なところか?

その両面をうまくまとめ、情動の側面で一段上に昇華させたのがLIVEだった。

自作のシングル曲/アルバム曲に加え、桑田が聞いてきたとロック/ポップスの名曲をKUWATA BANDとして解釈で披露し、中でもBob Dylan(祝ノーベル賞)の、「風に吹かれて/天国への扉/Like a Rolingstone」メドレーは彼らのLIVEを記録したアルバム「ROCK CONCERT」のハイライトといって過言ではないだろう。

KUWATA BANDを終了した後の桑田佳祐は、本格的なソロ活動を開始、スタイルとしてのロックを封印し過去彼が好きだった歌謡曲と洋楽を融合した歌謡ロックをより推し進めてゆくことになる。

そして”彼が歌えばなんでもサザン”になってしまうという側面を意識することによりサザンオールスターズが彼が学生時代に始めたバンドでなく、プロジェクトになってしまったという”サザン否定”とも いえる事実を桑田佳祐が認識した(させられた)という意味においてKUWATA BANDはその存在を良くも悪くも記憶されるものと思う。

KUWATA BAND体験は広島サンプラザアリーナのLIVEに参加。

いまや伝説ともいえるそのコンサートを目撃できたことはちょっとした自慢かも。
シングル曲やアルバムを聴く事はあまりないけど、LIVE盤「ROCK CONCERT」は
時々愛聴してます。

 

これらの映像はビデオ集を制作作業中にスタッフが偶然に発見、当時ビデオコンサートおよびレコードショップの店頭販促用に使用されていたものなどで、一般ではほとんど見ることができなかった”幻の映像”です。

その”幻の映像”が初回限定版に収録されるということで、当初よりボリュームアップしたミュージックビデオ集となる予定だそうです。

■『MVP』収録内容 [楽曲発表年]

01. 悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)[1987]
02. SHE’S A BIG TEASER[1988]
03. 真夜中のダンディー[1993]
04. 月[1994]
05. 祭りのあと[1994]
06. 波乗りジョニー[2001]
07. 白い恋人達[2001]
08. 東京[2002]
09. ROCK AND ROLL HERO[2002]
10. 素敵な未来を見て欲しい[2002]
11. 明日晴れるかな[2007]
12. 風の詩を聴かせて[2007]
13. ダーリン[2007]
14. 君にサヨナラを[2009]
15. 本当は怖い愛とロマンス[2010]
16. 銀河の星屑[2011]
17. それ行けベイビー!![2011]
18. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)[2011]
19. 明日へのマーチ [2011]
20. Let’s try again ~kuwata keisuke ver.~[2011]
21. 幸せのラストダンス[2012]
22. 100万年の幸せ!![2012]
23. 愛しい人へ捧ぐ歌[2012]
24. Yin Yang(イヤン)[2013]
25. 涙をぶっとばせ!![2013]
26. ヨシ子さん[2016]
27. 君への手紙[2016]
28. 悪戯されて(New Arranged Version)[2016]
29. 若い広場[2017]
30. オアシスと果樹園[2017]

【初回限定盤 Bonus Track】
01. BAN BAN BAN/KUWATA BAND[1986]
02. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)/KUWATA BAND[1986]
03. MERRY X’MAS IN SUMMER/KUWATA BAND[1986]

KUWATA BANDのMVは貴重すぎます。
自分にとっては思い出がタップリ詰まっていますね。

スキップビートはいまだに、「スケベ」としか聞こえません。

歌詞もモロにそういった内容にしか取れないです。
でも酔った時には笑いながらカラオケで歌ってました。
聖人君子でないうえに、むしろ煩悩の塊ですから・・・(^_^;

初回限定版の価値がどれほど高いかは、その人の想いによりますけどね。




オリジナルクリアファイルの有無で、1000円違っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク