Search ConsoleのFetch as Googleでインデックス登録の重要性。

Googleの検索で、新規投稿した記事が2日経っても3日経ってもまったく登録されてないんです。

で、いろいろと調べた結果、GoogleのSearch ConsoleFetch as Googleで登録すれば良いという事で今回、作業してみました。

Search Consoleに自分のURLをプロパティとして登録します。
今回登録後のFetch as Googleについて書いてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Search Consoleに登録後


Fetch as Google


上記の様に登録して、取得ボタンを押してみました。


Fetch as Google登録


送信ボタンを押した結果・・・。

Fetch as Google 3

検索に上がってこない

が、しかし1日経っても「site:https://www.beanbread.com」には記事が載ってきません。


Fetch as Google 4


スポンサーリンク

こうなれば記事毎に

そこで、記事毎登録してみることにしました。

Fetch as Google 5

と実はここで、「リダイレクトされました」って実はエラーなんです。

リダイレクトエラー

登録するときに、最後に「/」を付けてなかったんです。

ただし、それでも「一部」???って何?

「一部」をクリックしてみると以下の画面が表示されます。

一部

「Googlebot はこのページの一部のリソースを取得できませんでした。取得できなかったリソースはつぎのとおりです」

下のリソースは、赤矢印の通りで「G」のマークが表示されていません。

Googlebotでは取得出来なかったようです。

上の 「 http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js 」に関してはAdSenseのスクリプトなのですが、これの対象方法が判りません。すみません。

なので、ステータスは「一部」なのですが、重大度は「低」ほっぽっておく事にしました。

解決策が判ったら、その都度記事に追加していきます。

結果

1時間ほどすると、Googleの検索に上がっていました。\(^o^)/

Fetch as Google 6

まとめ

まず、これは初心者が書いた記事であることをご了承ください。

もしかしたら、使用方法が間違っているのかもしれません。
上記作業を行うことによって、デメリットが発生するかもしれません。

Google検索への登録を早くして欲しい時には、投稿記事のページをFetch as Googleを使って直接登録すれば良いようです。

自分の場合、1時間程度で反映されました。
実際に記事のタイトルを検索に入力してTOPに表示されていればOKです。

以下、こんな感じです。

Fetch as Google 7