Mac派?Windows派?ってやっぱりナンセンスかな?

mac or windows ?

Net Applicationsから2017年8月のデスクトップOSシェアが発表されたそうです。

Windows 90.70%
Mac 5.94%
Linux 3.37%

圧倒的にWindowsですね。
やっぱり企業のことを考えるとそうなるのかなぁ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今はMac使い

ずばり、現在使用の機種はMacbook Pro 15 inch Early 2013
512GBのSSDを載せたので、ほぼ23万円しました。

もう4年も使用しているので、バッテリーを21,384で交換してもらってます。
もちろんAppleでですよ。
キーボードとの一体交換なんで、液晶を開けると・・・正に新品。

高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが・・・。

前機種はこれまたMacbook Pro 15 inch 2012です。これは円高だったので15万円程度で購入したRetinaディスプレイのSSDが256GBの機種でした。

その前がMacbook Air 13 inch 128GB 2010を使用してました。これも当時は10万円程度でしたね。

当時は本当に円高様々でしたね。

マックを使ったのは2008年からです。
当時はデザインを勉強してたんで、そしたらやっぱり教材はマックですよね。

AdobeもCS3の時代です。

Windowsもあるよ

仕事はWindowsです。それこそMS-DOSの時代から使ってます。開発もしてたんで業務用ではやはりWindowsが主流って感じですしね。

今の開発ってWebが主流だからOSは特に問題無いですね。

JavaやRubyが動けば何でもOKですし、時代の流れは速すぎです。

ちなみに、我が家ではSonyのVAIOが今も別室の机の上に鎮座しています。

なんせWindows7発売時にこれまた30万円も掛けてカスタマイズしたモバイルのZシリーズ。

当時のソニーはとんでもない機種を作る企業でした。

17インチの液晶にHDD2台をRAID 0で組んでみたり、モバイルPCにSSD2台をこれまたRAID 0で組んでみたり・・・。

もう!そこが好き!って感じでした。

スポンサーリンク

本音いきまーす。

さて、ここからが本音で行きますね。

Macというよりも、Retinaディスプレイを使い始めたらもう戻れないです。
文字が綺麗だし、なんといってもトラックパッドの操作性が・・・マウスいらないです。

しかも4本指で操作することでデスクトップを切り替えられるんですよ。

OSのアップグレードに神経質にならなくて良いし、もしWindowsが必要ならVirtualMachine突っ込めば良いし。

ただねぇ〜、人には勧められないです。

自分で何とかするっていう人ならMacを勧めますけど、人から教えてもらってばかりの人には難しいかも。

というわけで、MacBook Proを使い始めたらVAIO・・・使わなくなりました。

ただ、やっぱり基本は・・・

ここでもう一つの本音。

Office使う人にはやっぱりWindowsです。
Mac用のOffice、WindowsのOfficeと互換性はあるんですが、マクロはダメ。

それにAccessもなければ、Visioもないし・・・。

ただですね、家での表計算でマクロは使わないし、Visioももちろん使わない、Accessも使った例しなしです。

あっ!年賀状のソフトが過去から使い続けてるWindowsですね。