【速報!】補償金額及び補償方針について発表!Coincheckで580億円が盗難!それでもまだ残る経営破綻の可能性?

【速報】不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針につい

1月28日1:30に、仮想通貨NEM保有者に対する補償方針についてCoincheck(コインチェック)から情報が入ってきました。

対象となる約26万人のNEMの保有者に対し補償することが決定したようです。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

経営破綻は免れるようですが、利用者の反応如何によってはまだまだ予断を許さない状況だと思われます。

2018年1月26日、世界ではダボス会議でワイワイしてて、成人式をすっ飛ばした「はれのひ」の社長会見があって、日付が変わる直前にCoincheck(コインチェック)の数百億のハッキング流出記者会見!

ブロガーとして記事に困らないような、とんでもない一日だったように思います。

さて出川哲朗さん出演のCMでお馴染みのCoincheck(コインチェック)。

そのCoincheck(コインチェック)に預けていた人は今後どうなる?

マウントゴックスの再来となってしまうのか?

その可能性について書いてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出川哲朗CM起用の仮想通貨取引所 Coincheck(コインチェック)とは!

coincheck

いろいろな所で、「初めて仮想通貨を購入するのにお勧め」とされている、仮想通貨取引所です。

2014年に開設された仮想通貨取引所で、2017年ビットコイン現物取引高No.1、アプリ利用者数No.1をうたい文句に拡大を続けていた仮想通貨取引所です。

日経新聞や大手メディアで、代表の和田晃一良氏が取り上げられていました。

大人気の仮想通貨取引所のようですね。

人気の理由は、社長の和田さんが自ら開発をして使い勝手の向上を図った結果なのだそうです。

代表の和田晃一良氏の概略

2009年東京工業大学理学部入学。
大学3年の時にレジュブレス株式会社(現コインチェック株式会社)を設立。
小学生時代からプログラミングを学び、大学生の時にはクックパッド主催のハッカソン等で優勝。就活対策AndroidアプリSPITrainigは10万ダウンロードされる。
storys.jpやCoincheckの全開発を担当。 WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016受賞。日本ブロックチェーン協会(JBA)監事。
私たちは、テクノロジーの力を信じています。
世界中のあらゆる場所に横たわる不合理、無秩序、固定概念、情報の非対称性。これらの存在により人々の幸せが阻害されているのであれば、私たちが新たなテクノロジーを世の中に提供することでそれを解決し、世界中の人々に新たな価値を提供します。そしてその新たな価値は、世界中の人々をもっと豊かに、もっと幸せにするものであると信じています。

私たちは、そんな新たな価値を「お金」の世界に提供します。世界中のあらゆる人が手にするお金という存在。文明が発達する以前から存在し、そして文明の発達とともに進化してきたお金という存在。私たちは、世界中の誰もが毎日接しているそんな「お金」という世界に新たなテクノロジーを提供し、グローバルなお金の移動を、もっと安く、速く、簡単なものに変えていきます。そして、世界中をもっと豊かに、もっと幸せなものに変えていきます。

新たなテクノロジーで、世界中の人々をもっと豊かに。もっと幸せに。私たちは、テクノロジーのそんな力を信じています

和田晃一良
引用:Coincheck.com
和田晃一良氏のツイッターはこちら https://twitter.com/wadakooo
 
事業の譲渡はされてしまいましたが、ビリギャルを排出したstorys.jpも立ち上げておられますね。
3万以上の人生のストーリーがあなたを待っています!投稿者は10代から80代まで。職業も、学生、主婦、声優、ホスト、起業家、映画監督、大学教授などバライエティ!あの『ビリギャル』も、STORYS.JPから生まれました。
 
商号 コインチェック株式会社
住所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13
渋谷新南口ビル3F

設立
2012年8月28日
社員数 71名 (2017年7月末時点)
資本金 9,200万円
代表取締役 和田晃一良
資本金  和田圭祐 大塚雄介

また、同社の取締役である大塚雄介氏は、ビットコインとブロックチェーンに関する本を出版してベストセラーになっています。
 

Coincheck(コインチェック)の評判や口コミは? 

デザインや操作性が良いとの評判で、スマホアプリが見やすいのでチャートのチェックなど利便性に富んでいるようです。 

ただし、売買時の手数料が高いとの評価もあるようです。

なので、他に口座を持って、

ここはチャート確認だけといったコメントも見受けられます。

頻繁に短期で売買される人にとって手数料は、重要な問題ですね。塵も積もればという諺もあります。

ですので、初心者の方がまずは通る玄関口なのかもしれません。

Coincheck(コインチェック)のサービスと特徴

実際にCoincheck(コインチェック)にアカウント作ってログインしてみました。

画面のデザイン

コインチェックの取引画面

赤色の囲みで13種類の仮想通貨(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XMR,REP,XRP,ZEC,XEM,LTC,DASH,BCH)の内、取引したい仮想通貨を選択するのですね。

青い囲みで、「売り」なのか「買い」なのかを選択し、「注文する」ボタンを押せば取引が成立するようです。

デザインもシンプルで、見やすいですし簡単に売買ができそうです。

取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の13種類です。

取引チャンネル・取引時間

パソコン及びスマートフォンからインターネット経由で取引が可能で、電話やメール等では取引ができません。

365日24時間取引が可能。これが、株やFXをしのぐ面白みかも知れませんね。

信用取引が可能

coincheckではビットコイン、Ether, ETC等を借りて信用取引を利用できます。
レバレッジは現在 5 倍に設定してあります。
例えば、日本円を証拠金としてビットコインを借り、売ってから買い戻し、
返済することにより空売りを実現します。
また、本人確認書類を提出することで、レバレッジ 5.0 倍でご利用いただけます。

空売りについて

例. 1ビットコインが125万円の時に、コインを借りて一度売ります。ただし、あくまでも借りているわけですから、どこかのタイミングで返さなければなりません。1ビットコインが100万円に大きく下がった時に、買い戻して借りていた1ビットコインを返せば、差額の25万円が利益になります。

レバレッジ5倍は、元金に対して5倍までの金額を動かせるという事で、上記例の場合には、25万円あれば、その5倍の125万円までの資金が借りれて運用できると言っているのです。

ただし、逆に上がってしまった時はどうなるのか?

これ一歩間違えれば、多額の借金に変わってしまいます。

上記例の場合で、125万円から150万円へ上がってしまったら、25万円の損になってしまいます。そうすると、もともと25万円しかなかったのですから、それが差し引かれて元金は0円になってしまいます。

さらに、125万円から一気に175万円になってしまった場合、50万円の損失なので、25万円の元金は0円に、その上で25万円の借金を背負うことになってしまいます。

かなりのリスクになってしまうのが判りますね。

ですからレバレッジ5倍の上限いっぱいまで使うのではなく、多くても2倍程度までで抑えておくか、1倍で行う方が賢明です。

Coincheck(コインチェック)貸仮想通貨サービス

仮想通貨を預けて、年に最大5%の利息が発生するというサービスです。

ただしここに以下の説明があります。

貸仮想通貨サービスのリスクについて

1.当社の信用リスク 貸仮想通貨サービスをご利用いただくに当たり、当社と締結いただく契約は、「消費貸借契約」であり、無担保契約です。したがって、当社が破綻した際には、お客様が貸付けた仮想通貨の 全部又は一部が返還されないなどの信用リスクを負うことになります。

破綻した場合のリスクについて明記されています。

Coincheck 仮想通貨取引説明書(自己責任が明記されてました)

 

本取引のリスク等重要事項について


VI 仮想通貨は、サイバー攻撃等により、全部又は一部を消失する可能性があります。

VII 外部環境の変化(仮想通貨に対する法規制の強化を含みます。)、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなり、お客様に損失が生じる可能性があります。



これが一番の特徴かもしれません。

自己責任

コインチェックとの取引では、お客側に対して返還することができなくなる可能性がありますよ、とうたってあります。

2017年12月6日には、コインチェック株式会社と警視庁は、サイバー犯罪に対する共同対処協定の締結をしています。 正直、どんな協定なのか内容が気になります。

さて、コインチェックの今後のシナリオを考えて見たいと思います。

Coincheck(コインチェック)の今後のシナリオは?

その後のシナリオ

今回はXEMに起因する問題ではなく、あくまでもCoincheck(コインチェック)がNEM(ネム)財団から推奨されているセキュリティ対策(コールドウォレットやマルチ・シグ等)を行っていなかったので、ハードフォーク(仕様変更に伴う分岐)は行われません。

セキュリティをないがしろにしていたCoincheck(コインチェック)側に問題があるというわけです。

Coincheck(コインチェック)側としては、自分達の持てる最大限のセキュリティ対策を行ってきたとは会見で述べていますが、CMなどに使う費用を削ってでも、もっとセキュリティ対策に充てるべきだったと思います。

マウントゴックス社の破綻事件から、Coincheck(コインチェック)の今後について考えて見たいと思います。

引用:YouTube

犯人が特定できたとしても、すぐにNEMが返還されるとは考えにくいです。

ただNEM(ネム)財団の協力の下、お金が返ってくる可能性がないわけではありません。NEM(ネム)財団のLon Wong氏はツイッターで、あらゆる手段で支援をするとツイートしています。

It’s unfortunate that coincheck got hacked.But we are doing everything we can to help.

引用:Twitter @2017Lon

実際、取引所を経由しないと現金にはできないわけですから、どういった形でNEM(ネム)財団が支援してくるのか、非常に興味深いところです。

ただし、そこにたどり着くまでにどれ程の時間が掛かるのか、本当にたどり着けるのか、かなり疑問です。ただ海外ではマネーロンダリング不正に得たお金の出所を隠して、正当な手段でお金を得たように見せ掛ける)が行われる取引所もあるようです。

さて、そうした中で、Coincheck(コインチェック)の今後を考えてみます。

もし、あなたがCoincheck(コインチェック)で出金や取引が可能になった場合、まず何をしますか?

あなたは何をする?

今までの通りに取引を行いますか?

多分、大半の人が現金の引き出しに取りかかると思います。

仮想通貨のダークな面が現実に見えてしまいましたので、特に大金を預けている人は今回の不安が安心に変わったところで、あっても安全策をとってきます。

より安全な取引所を選び直すか、銀行の定期預金へ預けるでしょう。

そうなるとCoincheck(コインチェック)は資金的に困窮するのは目に見えています。

経営破綻というのが可能性として残ります。

ただ、1月28日午前1:30に送付されたメールによると、NEMの保有者に対する補償方針について、返金原子については自己資金より実施するとの一報が入ってきました。

補償金額はZaifのXEM/JPYを参考に 88.549円×保有数との事です。

ただし、まだまだ予断は許されない状況にはあると思われます。

もし仮に580億円もの負債を抱えても、存続できるのであれば、それは買収による吸収合併くらいしか思いつきません。

あるいは、580億円が何事も無くCoincheck(コインチェック)に戻って来た場合のみだと思います。

ちなみに、マウントゴックス社の破綻は2014年でしたが、今現在も債権者に対しての分配には1年以上掛かるそうです。

まとめ

もしCoincheck(コインチェック)に預けていたという方は、破産法、民事再生法、会社更生法、会社法等一度目を通す必要があると思います。

ちなみに、マウントゴックス社の公式Webサイトは以下です。

それと、過去も含めた仮想通貨盗難事件は、仮想通貨自体に問題があるのではなく、全て取引所に問題があったのだという点は押さえておいて欲しい点です。

もっとも、仮想通貨の価値に関しては、人の思惑が絡むことなので、株もFXも同等ではあります。

取引所等、慎重に吟味する必要がありますね。

やっぱり有名人のCMうってるから、安心しちゃったのかな?

CMうってるからCoincheckは安心とか思わずに、ちゃんと近畿財務局における仮想通貨交換業者の登録を正式に行っているZaif(ザイフ)とかにすれば良かったのにと、ふと、今回の事件を調べていて思ってしまいました。